東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

眼精疲労

の周りの筋肉・神経の疲労を回復し疲れにくい身体を作っていきましょう

眼精疲労とは

眼精疲労イメージ

眼精疲労とは、物を見ているだけで目が疲れ、痛みを感じ、目の渇き、充血、かすみ、目の痙攣やなどが起きる状態です。ひどくなると、頭痛、肩こり、嘔吐を伴うことがあります。疲れ目とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重度な症状を言います。

眼精疲労の原因

目の使い過ぎ
パソコン、読書、テレビゲームなど日常的に長時間目を使いすぎて疲労し、回復しにくい状態。眼精疲労の中に最も多いタイプである。
精神的ストレス
ストレスが強くなると、イライラ、うつ、不眠といった精神的なことに現れる一方で、からだに対しても、慢性疲労、高血圧、血行不良、胃潰瘍といったいろいろな病気を引き起こします。その一つとして、眼精疲労が起こることがあります。
目の矯正不足
メガネやコンタクトレンズが合っていないために、近視、遠視、老視、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下し物を見ているだけで疲労する状態。また、左右の視力差の大きさも原因になります。
眼科疾患からの疲労
ドライアイ、白内障、緑内障、眼瞼下垂などの疾患から起こる疲労。
体の疾患からの影響
虫歯や歯周病、耳や鼻の病気、風邪、更年期障害、自律神経失調症、などの疾患から起こる疲労。

眼精疲労の東洋医学的見解

東洋医学的見解からすると目は、人体の中でも陽気の強い部位です。陽気は変化が大きくストレスを受けて変化しやすい特徴があります。従って、疲労しやすいが鍼灸治療で回復しやすい特徴があります。また目は肝と関係が深い。肝の経脈が上がって、目に繋がり、肝気と肝血は視覚活動を維持しています。そのために、肝の機能は目に反映されます。

肝気上逆
肝の気が上昇し、頭に熱がこもった状態、エネルギーバランスの問題。
肝血不足
目を慢性的に酷使し血液不足の状態、エネルギー不足の問題。

眼精疲労の鍼灸治療

眼精疲労治療イメージ

局所治療
目を酷使したり、ストレスを感じていると、目の周りや顔の筋肉が緊張し目の血液不足が起こります。目の周囲の筋肉の緊張した部位を治療することによって、血流、神経の疲労、仮性近視などの症状の改善が見込み、視力が上がり、見えやすくなります。そして、頭痛、耳や鼻の病気、自律神経の乱れなど、眼精疲労に影響を与えている付随症状を治療します。
全身治療
東洋医学では、肝の臓器を重視し、足の親指からお腹を通り肝に至る気の流れである経絡を整えます。
肝気上逆
頭にある気を体幹・手足に降ろします。
肝血不足
肝の気を補い肝に気血を導きます。全身疲労が強い場合は、体の気を補い、造血作用を上げて、内臓の調子を整えることによって、仕事やストレスに対して疲れにくい体に改善が見込めます。

眼精疲労の主なツボ

晴明目の周囲の血行を促し、眼精疲労や痛み、ドライアイを緩和。精神を安定させる効果もある。
攅竹頭痛、めまい、目の充血。眼精疲労に有効。
太陽偏頭痛、目の症状など。
陽白目の症状。
絲竹空めまい、目の充血、目の痛み、頭痛。リラックス効果も期待できる。
風池目や鼻の症状、風邪。難聴、耳鳴といった症状に有効。
合谷顔の症状、目の症状、全身の気を調節するときも使用します。他に貧血を回復させる返し鍼に使われる。
肝兪目の充血、眼精疲労、めまい、イライラ、飲み過ぎ。
期門肝の問題に対して効果が期待される。
太衝頭痛、めまい、吐き気、目の充血、婦人科の症状、排尿問題。血の滞りを改善するのに有効なツボ。生理痛にも特に有効。
晴明、攅竹、陽白、太陽 風池
肝兪 期門
太衝 合谷

眼精疲労の『マッサージ治療』についても、あわせてご覧ください。

TOPへ戻る