東京都大田区の鍼灸・マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック | 大森駅前治療院

大森駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-3768-3033
  • 東京都品川区南大井3-33-2
  • サイトマップ

肋間神経痛

突然くるあばらへの鋭い痛みは肋間神経痛です

肋間神経痛とは

胸などに痛みがある疾患は様々ありますが、肋間神経痛とは、胸や背中、時にはお腹に片方に帯状に痛みやシビレがでてくるもので、原因が肋間神経自体やその通り道に異常があるものを言います。

肋間神経痛の特徴

突然、鋭い痛みを感じ肋間神経に沿って、感覚の過敏性が見られます。症状は程度により様々ですが、肋間神経の通り道に沿って押すと痛みが強かったり、持続性にシビレや発作的に痛みがでたりします。また肋間神経の出口(背骨:胸椎の椎間孔)が狭くなっている場合などでは、身体を捻ったり急に姿勢を変えたり、強いセキ等で痛みが誘発されることがあります。同じような痛みでも帯状疱疹や内臓が原因で痛みが出ていることもありますので、注意が必要です。

肋間神経痛の鍼灸治療

肋間神経痛治療イメージ

鍼灸治療の対象となるのはいわゆる肋間神経痛(上述)と呼ばれるものと帯状疱疹の後に痛みが残ったものとなります。痛みが主症状ですから、痛みを増強させたり、誘発させないように鍼灸治療は行います。

局所治療
肋間神経を圧迫している部分に鍼をさし、神経の圧迫から開放します。痛みやその周辺、肋間神経に沿って鍼やお灸をしていくことによって痛みの緩和が見込めます。
全身治療
痛みにより身体が興奮状態にありますので、自律神経を調節して、身体をリラックスさせていきます。これにより間接的に肋間神経に刺激を与える原因を和らげて行きます。全身的にツボと呼ばれる場所に鍼やお灸をしてリラックスさせ、症状を悪化させる要因を取り除き、治癒能力を上げていきます。
その日の体調にもよりますが、局所的、全身的治療を同時に行っていきます。これにより痛みから早期に解放されていきます。

肋間神経痛の東洋医学的見解

東洋医学では肋間神経痛は、肝経という人体の経絡のルートが関わっているものが多く見られます。「肝」の気の流れが悪くなったり、横にそれたりすると痛みが出てきます。「肝」に関わるものとして「怒」「筋」「眼」などがあります。噛み砕いて説明すると、怒ることが多い、いらいらしやすい、筋疲労や眼精疲労があると「肝」に影響し、「肝」の気を乱すので痛みが出てきます。ですので、自律神経を整え、筋疲労、眼精疲労の治療を含めた全身治療を加療することにより、回復する土壌が整い局所の治療効果があがります。

肋間神経痛の主なツボ

百会自律神経症状、頭痛、耳鳴、めまいなど。気が頭に上ることにより起こる頭痛には特に有効。
手三里胃腸、上肢、目の症状、テニス肘。肩こり、寝違えを和らげる。鼻炎や蓄膿症などの鼻症状、皮膚症状、便秘の緩和。
合谷顔の症状、目の症状、全身の気を調節するときも使用します。他に貧血を回復させる返し鍼に使われる。
膈兪胃腸の症状、背中の痛み。
肝兪目の充血、眼精疲労、めまい、イライラ、飲み過ぎ。
太衝頭痛、めまい、吐き気、目の充血、婦人科の症状、排尿問題。血の滞りを改善するのに有効なツボ。生理痛にも特に有効。
百会、膈兪、肝兪、手三里、合谷太衝
TOPへ戻る